忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カルソニックスカイラインの窓塗装とマンガ大賞2015の結果

ニッサン カルソニックスカイライン GT-R (R33)
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.184
製作年 2007年

かなり前に製作したタミヤのカルソニックスカイラインGT-R(R33)です。タミヤのカーモデルは実車の寸法から忠実に再現しているわけでないらしい。カルソニックスカイラインGT-R(R33)の場合、実車を撮影した写真と比較してみるとカーモデルは幅の長さの割に全長が短い感じがする。

実際の寸法から忠実に再現した模型だと見た目的に違和感が生じるため、この辺りをどうやって修正していくかという技術が模型メーカーの腕だと何かで読んだことがある。

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ カルソニックスカイライン GT-R (R33)
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ カルソニックスカイライン GT-R (R33)

研ぎ出しをしていない点ぐらいしか物足りない点が無いが、よく見てみると窓の塗装が少し駄目だった。窓枠を塗装するときにマスキングゾルを使ったが、何を思ったかカッターナイフで境を切ってしまった。そのためウィンドウパーツに傷が付いてしまっている。

今は細いマスキングテープでマスキングする部分を囲い、内側はマスキングテープを節約するためにマスキングゾルを使用している。手間がかかるが、曲線でも綺麗に塗り分けることができる。


久しぶりに漫画を読んでみようと思い、「マンガ大賞2015」にノミネートされている大今良時の漫画「聲の形」を読んだ。結果的に「マンガ大賞2015」で第3位だったようだ。

【PR】 漫画「かくかくしかじか」第4巻

第1位は東村アキコの漫画「かくかくしかじか」なのだが、第1巻の始め部分を読んだ限りでは、ストーリー的にもイラスト的にも女性色が濃くて自分には合わない気がした。「マンガ大賞2014」で第1位だった森薫の漫画「乙嫁語り」は十分に楽しめたのに残念だ。

そのため「このマンガがすごい!2015」みたいにオトコ編とオンナ編に分けたほうが良いのではないかと感じた。ちなみに「このマンガがすごい!2015」のオトコ編で「聲の形」は第1位だった。
PR

カルソニックスカイラインのクリア塗装と将棋電王戦FINAL第2局

ニッサン カルソニックスカイライン GT-R (R33)
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.184
製作年 2007年

タミヤの1/24スケールプラモデルであるカルソニックスカイラインGT-R(R33)の画像を発掘した。実はかなり昔にカルソニックスカイラインGT-R(R32)も製作したことがあるが、なぜか手元には残っておらず撮影もしていない。

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ カルソニックスカイライン GT-R (R33)
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ カルソニックスカイライン GT-R (R33)

研ぎ出しの技術が無かったのでクリアを吹いて仕上げてある。クリアを吹いただけだと研ぎ出した時ど比べてツヤが出ていないが、デカールを乾燥から守るという点では重要だ。しかしタイヤにクリアを吹くわけにはいかないので、タイヤに貼ったデカールは次第に乾燥してボロボロになった。

今日はプロの将棋棋士と将棋ソフトが戦う将棋電王戦FINALの第2局が行われた。既に電王戦は棋士の敗退が続いていた。もう人間の脳とコンピューターの対決だと、将棋の世界でも駄目だろうと諦めていた。

しかし今回のFINALは第1局と第2局共に棋士の勝利が続いている。第2局は「角成らず」を将棋ソフトが認識できなかったので、将棋ソフトの反則負けで結果的に棋士が勝利した。「打ち歩詰め」が反則なのは知っていたが、これを避けるために「飛車」「角」「歩」を「成らず」にするのが可能だと初めて知った。

序盤は棋士側不利の状況だったので観戦を止めてしまったが、こうなるなら観とくべきだった。

FINALは事前に棋士に将棋ソフトが提供されていて、棋士が「研究」できる条件だったようだ。つまりコンピュータの弱点や傾向を見つけることができていたら、まだまだ勝てるという事だろうか。

タミヤ avex童夢無限NSX ねんどろいどぷち巡音ルカと撮影

ホンダ avex 童夢 無限 NSX
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.193
製作年 2007年位


この季節は少し忙しいので更新が漂ってしまいました。さらに今年は花粉がひどいので目や鼻に花粉症の症状が出るうえ、薬を飲むと副作用の眠気で大変です。

ホンダ avex 童夢 無限 NSX

5年位に製作したavex童夢無限NSXで、横のフィギュアは巡音ルカ(めぐりねるか)です。avexの派手なカラーリングが特徴で、タミヤの説明によると1996年の全日本GT選手権で活躍したらしいです。キットはボディのほぼ全面にデカールを貼るため難易度が高いキットだと感じました。自分の思い出せる限りでは次の場所に注意するといいです。

①ルーフ上のミラーボールらしきものをイメージした部分のデカールの方向。
②リアウィングの両端か片一方の塗装指示が間違っていたと思う。
③フロントの大きなavexの「a」のデカールが張りにくい。

自分は某有名模型店で購入しましたがなぜかavex無限童夢NSXのキットにはデカールが2個入っていました。そのため失敗しても貼り直しができました。逆に同じ模型店でカルソニックスカイラインGT-Rを購入した時はデカールが入っていませんでした。文句を言いに行くのも面倒なので自分でタミヤに注文しました。

ホンダ avex 童夢 無限 NSX


ホンダ avex 童夢 無限 NSX

製作当時は研ぎ出しをしていなかったので、軽くクリアーをボディーに吹いたのですが今は少しひび割れが発生しました。また、クリアーを吹かなかったフロントガラスの部分のデカールはすぐにひび割れ始めたので筆でクリアを上から塗って保護しました。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング