忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SONY カセットウォークマン WM-EX651

デジタルオーディオプレーヤのMP3音楽ファイルや、ポータブルMDプレーヤーのATRAC音楽ファイルを聴いていた。しかしポータブルプレーヤーで聴く圧縮音源は何となく気持ちが良くならない。今はできるだけ高音質(MP3だと320kbps、ATRACだとSPモード)を選んでいる。

一方でカセットテープの音は、たとえ音質が悪くてテープ速度がずれていても良い音に聞こえることが多い。

【アマゾン】 ソニー カセットウォークマン WM-EX651


ソニー カセットウォークマン WM-EX651
●発売日
2004年頃
●販売価格
8,400円前後
●付属リモコン・付属クレードル
RM-WME25・BCA-WM10H
●特徴
スピードコントロール対応など

2000年代のカセットウォークマンは、オーディオ向けというより語学学習向けだった。

ソニー カセットウォークマン WM-EX651
ソニー カセットウォークマン WM-EX651

カセットウォークマンの中では珍しく充電スタンド付属です。他の機種の多くは、外付け乾電池ケースにACアダプターを差すことができた。WM-EX651は外付け乾電池ケースではなくて、充電スタンドに接続して使用できる。

ソニー カセットウォークマン WM-EX651
ソニー カセットウォークマン WM-EX651

上下に動かすことができるスライダーでスピードをコントロールできる。ゴムベルトを交換して速度を調整しても時間が経つと速度がずれてくるので、多少はこれで調整できると思う。

ソニー ハイポジション オーディオカセットテープ
ソニー ハイポジション オーディオカセットテープ

ソニーの音楽向けカセットテープです。自分の録音環境だとハイポジションとノーマルポジションの違いが判らない。でもハイポジのほうが高音が出ているような気もする。オーディオ向けとそうでないテープの音の違いははっきりと判る。

TDK オーディオカセットテープ
TDK オーディオカセットテープ

TDKの120分長時間カセットテープは見かけることが多い。

日立マクセル オーディオカセットテープ
日立マクセル オーディオカセットテープ

語学学習向けと思われる日立マクセルのテープは今でも販売されている。

富士写真フイルム オーディオカセットテープ
富士写真フイルム オーディオカセットテープ

昔の富士フイルムは、オーディオカセットや写真のフィルムで有名でした。
PR

SONY カセットウォークマン WM-EX621

MD全盛期の2000年代前半になっても、カセットウォークマンは販売されていた。当時は時代遅れのカセットだと思っていた。結局はMDが先に忘れ去られただけでなく、デジタルオーディオプレーヤーよりも機器が長持ちする結果となった。

ソニー カセットウォークマン WM-EX621
ソニー カセットウォークマン WM-EX621

しかし既に2000年代に入るとオーディオとしての機能は省略され、語学学習向けの機能にシフトした。WM-EX621はでキューとレビュー操作が容易なスイングレバーを採用している。

【アマゾン】 SONY カセットウォークマン WM-EX621


ソニー カセットウォークマン WM-EX621
●発売日
1999年から2003年
●付属コントローラー
RM-WME23
●故障
ゴムベルトの劣化、リモコンの誤動作

2000年代のカセットウォークマンは、千石電商で手に入るゴムベルトを使うことができるのが多いと思う。

ソニー カセットウォークマン WM-EX621
ソニー カセットウォークマン WM-EX621

付属コントローラーRM-WME23は、経年劣化のためか再生を押しても早送りになるなどの誤動作が多い。

ソニー カセットウォークマン WM-EX621
ソニー カセットウォークマン WM-EX621

充電池は液漏れ頻発のガム式充電池NC-6WMだと思う。充電池がなくても、外付け乾電池ケース対応なので乾電池でも駆動できる。

SONYカセットウォークマンWM-EX621

2000年代前半はMDウォークマンが主流になったこともあり、カセットウォークマンは時代遅れな存在になった記憶がある。しかし語学学習向けに需要があったらしく、容易に巻戻し・早送りできて再生速度も調整できるカセットウォークマンが販売されていた。

【アマゾン】 ソニーカセットウォークマンWM-EX621

WM-EX621は語学学習向けな要素が少し入ったタイプのカセットウォークマンです。巻戻し・早送りの本体操作が容易になっている。

ジャンク品カセットウォークマンWM-EX621
ジャンク品カセットウォークマンWM-EX621

ジャンク品WM-EX621は、予想通りベルトが伸びてしまっていて再生できない。しかしこの機種は幅0.95mmの角ベルトに交換しても、ベルトが干渉することなく再生・巻戻し・早送りが可能だった。

2000年代のジャンク品カセットウォークマンを見ていると、充電式ニッカド電池NC-6WMの液漏れ後があることが多い。そのほかにも、ヘッド部分の両側にあるピンチローラーに凹みがあることが多い。これが凹んでいると、テープが不規則に進むためか再生時の音が駄目になってしまう。

ジャンク品カセットウォークマンWM-EX621
ジャンク品カセットウォークマンWM-EX621

外付け乾電池ケースとカセットウォークマン向けのリモコンを装着している。少し表面に凹みがあり傷も多いので使用感がある。しかしベルトとピンチローラーを修理すると普通に使用できるようになった。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング