忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タミヤ アパッチAH-64 製作の注意点と失敗

ヒューズ アパッチ AH-64
タミヤ 1/72 ウォーターバードコレクション No.7
製作年 2010年


韓国がアメリカの攻撃ヘリ「アパッチ」を購入することが決定しました。北朝鮮の戦車に対抗するらしいですが何となく素人の予想だとアウトレンジで一方的にアパッチが勝利しそうです。北朝鮮の対空戦車は対空ミサイルを装備していなさそうなので役に立つのか怪しいです。

ヒューズ アパッチ AH-64

攻撃ヘリタイガーのキット製作時はデカール貼付で失敗しましたが、アパッチ製作時も実は失敗や失敗すれすれの出来事がありました

失敗した点
1.機体下のピトー管らしき小さなパーツを紛失。ピンセットでつまんだ時に飛んで行きました。
2.可動の水平尾翼を外したり付けたりするうちに、すぐ取れてしまうようになった。

失敗しそうだった点
1.コクピットのクリアパーツは機体に一度取り付けると取れなくなります。
2.MDコンポの上など身近な場所に飾っていると何かの拍子に落下させてしまう。

ヒューズ アパッチ AH-64

ヘリのキットはボディが左右に分かれているので取り付ける時に段差や隙間ができます。その上に繊細な凸モールドがあるのでパテ埋め後のやすり掛けが難易度高いです。タイガー製作時は段差や隙間が少なかったのではパテ埋めしませんでしたが、おかげで小さな隙間が残っていたらしく次第に接着剤が少し剥がれました。一方でパテ埋めしたアパッチとヒューイは頑丈に接着されています。

ヒューズ アパッチ AH-64

世界最強の攻撃ヘリだけあってどの方向から見てもかっこいいです。

PR

タミヤの攻撃ヘリタイガーH.A.P.のデカール貼り失敗と製作完了

ユーロコプター タイガー H.A.P.
タミヤ 1/72 ウォーターバードコレクション No.10
製作年 2011年から2013年2月


時間がかかったというか長い期間放置してしまっていた攻撃ヘリティーガー試作一号機仕様が完成しました。ティーガーはフランスやドイツなどで運用されているユーロコプター製攻撃ヘリです。「TIGER」「TIGRE」「タイガー」「ティーガー」と色々な表され方をするようですが日本国内では「ティーガー」が多そうです。

アメリカのアパッチやアパッチロングボウ、ソ連のハインドやロシアのハヴォックに比べると少しサイズが小さいためか「攻撃性」が足り無い感じがします。どちらかというとイタリアのマングスタや南アフリカのローイファルクと似た機体の形をした攻撃ヘリです。

ユーロコプター タイガー H.A.P.

ユーロコプター タイガー H.A.P.

ヒューイとアパッチを製作した後なので失敗することが無いだろうと思っていたのですが思わぬ落とし穴がありました。

このシリーズのヘリは機体に繊細な凸モールドが施してあります。それはそれでいいのですがティーガーの場合はデカールが厚くて頑丈だったので七割ぐらいの面積がなかなか密着してくれないという問題がありました。ヒューイとアパッチは問題が無かったのですが、ティーガーだけはデカールを貼るのに苦労しました。

Mr.マークセッターを使用したもののあまり効果が無く、フラットクリアーを上から吹いても効果がありませんでした。仕方がないので多めにフラットクリアーを一度に吹いてデカールを少し溶かしてみました。密着してくれたもののデカールが少しぼろぼろになってしまいました。それは想定の範囲内だったので仕方ないと思いますが、一部のデカールが歪むという羽目になってしまいました。いやぁ難しいですね。

ユーロコプター タイガー H.A.P.

ユーロコプター タイガー H.A.P.

アパッチ同様に置き場所をとるので主ローターは簡単に取り外すことができるようにしています。

タミヤ タイガーH.A.P. 製作 各国で仕様が違うティーガー

ユーロコプター タイガー H.A.P.
タミヤ 1/72 ウォーターバードコレクション No.10
製作中


かなり久しぶりのユーロコプターの攻撃ヘリであるティーガーの製作記です。攻撃ヘリティーガーは「007 ゴールデンアイ」で登場していましたが緊急時には前後座席部分がそのまま機体から分離して脱出できるようです。

またWikipediaの情報によるとHAP型は空対空戦闘仕様か近接航空支援仕様らしいです。そのため空対空戦闘仕様の場合はキットのように対空ミサイルのみをスタブウイングに搭載しているだけでよさそうです。でも模型的にはロケットポッドもあったほうが迫力があります。

フランス陸軍仕様だと丸いレーダーはコクピットの上部分に付いているみたいですが、キットは機体前部の機関砲近くにレーダーらしきものが付いています。これは試作1号機の仕様なのかはよくわかりません。とにかくフランス陸軍仕様のティーガーにするにはレーダーの位置が違うことになります。

またフランス陸軍やドイツ陸軍のの対戦車仕様はレーダーが主ローターの上部にあります。機関砲の位置や搭載の有無も色々と各国の仕様によって変わるみたいです。そのため試作1号機仕様以外の仕様を厳密に再現するのであれば大きく改造が必要かもしれません。

ユーロコプター タイガー H.A.P.

デカール貼るのに使用したもの一覧
デカールを温水に浸す容器
デザインナイフ
デカールバサミ
ものさし
あまり尖っていないピンセット
Mr.マークセッター
ティッシュや布
綿棒

デカールバサミで用紙の端から目標のデカールの周りを切っていくと次第に用紙がぼろぼろになるので、ものさしとデザインナイフでデカールの周りを大雑把に四角に切って貼りました。たまにデカールの不必要な透明部分が広い場合があるので、それを切り落とすときにデカールバサミを使用します。

ユーロコプター タイガー H.A.P.

デカールの数は少ないのですが少し問題がありました。ボディ右に説明書通りにデカール「4B」を貼ると吸気口か排気口らしき穴が邪魔で張ることができませんので上にずらして貼りました。ボディ左のデカール「5B」を貼るときに部品「B31」と干渉するので自分はデカールに切り目を入れて貼りましたが、デカールを貼った以降に部品「B31」を接着したほうがいいと思います。

この後一週間ぐらい乾燥させて半フラットクリアーを数回に分けて吹き、コクピットの左右にあるバックミラーを取り付けると完成します。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング