忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SONY カセットウォークマン WM-FX2

ウォークマン誕生15周年記念の1994年には、再生専用機WM-EX1とチューナー機能を内蔵したWM-FX1が販売された。その1年後にはWM-EX1の後継機種WM-EX2と、WM-FX1の後継機種WM-FX2が発売された。

【アマゾン】 ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

これらの姉妹機は、外観的デザインも内部の構造も似ている。どれも20年以上前に発売されたが未来的で高級感あふれる外観であり、表面の塗装レベルも良質な感じだ。

ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

末期のMDウォークマンで大量発生した黄ばみや変色は発生していない。ただ、両脇のグレーの部品は表面がゴムで覆われているが、劣化してボロボロになっています。そのためアルコールを含んだウェットティッシュで落として綺麗にした。


ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
●発売日
1995年頃
●付属コントローラー
RM-WM79F

付属コントローラーRM-WM79Fは手に入らなかった。裏面にディスプレイがあるので本体で操作できるが、イコライザーなどの一部機能は操作できないかもしれない。

ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

外付け乾電池ケースはMDウォークマンで使用されているタイプと同じです。ゴムベルトを交換すると問題なく再生できる。千石で手に入れたゴムベルト(厚さ0.95mm)だと太すぎるので、もう少し細いゴムベルトが必要だ。

音質はカセットウォークマンの中でかなり良いほうだと思う。だけど比較的ゴムベルトの精度が必要な気がするので、再生可能な状態にするのは難しかった。

ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

カセットテープの差し込み方はWM-EX1と同じで個性的です。15周年記念モデルWM-EX1の姉妹機だけあって、高音質で高級感あふれるお気に入りのカセットウォークマンだ。
PR

SONY カセットウォークマン WM-102

1985年頃発売のカセットウォークマンWM-102を、偶然に半年ぐらい前に手に入れた。残念ながら乾電池を入れても通電しなかったが、外観的には傷が少なくてて綺麗だ。

ソニー カセットウォークマン WM-102 ソニー カセットウォークマン WM-102

下の黒い部分が乾電池を入れる場所の蓋です。外付け乾電池ケースではない。

ソニー カセットウォークマン WM-102 ソニー カセットウォークマン WM-102

かなり角ばっているが、所々に特徴的なデザインが施されている。1988年頃発売のカセットウォークマンWM-150の場合、駆動部分のギアが劣化して壊れてしまっていた。WM-102は通電できたとしても、同じくギアが壊れてしまっていてうまく再生できないだろう。

SONY カセットウォークマン WM-150

2000年代以降のデジタルオーディオプレーヤーは、10年ぐらいで内蔵リチウムイオン電池が劣化したり、ディスプレイが寿命を迎えて使用できなくなることが多い。一方でポータブルカセットプレーヤーの場合はゴムベルトを交換すると、新品時と同等とまではいかないものの一応音楽カセットを聴くことができる。

しかし、アイワのカセットプレーヤーHS-PX610を以前に結構手間をかけてゴムベルト交換したが、最近になってノイズが入って聴くことができなくなった。コンデンサが劣化して寿命を迎えたのだろうか。

手元には1988年発売のカセットウォークマンWM-150がある。未使用品みたいな状態で手に入れたが、再生ができても巻戻しやオートリバースが不調だった。

ソニー カセットウォークマン WM-150 ソニー カセットウォークマン WM-150

ゴムベルトを交換すると再生はできたが、少なくともオートリバースや巻戻しが不調だった。分解しても原因はわからずに、色々いじくっているうちに再生不能な状態に破壊してしまった。

不調の原因はプラスチックのギアが割れてしまっていて噛み合わないことでした。プラスチックのギアにシャフトが刺さっている構造なので、年月が経つとギアが疲労して割れるみたいです。

ソニー カセットウォークマン WM-150 ソニー カセットウォークマン WM-150

外付け乾電池ケースは、1990年代以降のカセットウォークマンで使用されているタイプとは違う。

寿命を迎えて再生できないカセットウォークマンを持っていても使い道が無いが、外観が綺麗なのでコレクションとして保管しておこうと思った。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング