忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アオシマ JZS161アリスト ホイールとタイヤを加工して装着

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様
アオシマ 1/24 スーパーVIPCAR No.073
製作年 2010年位から2013年

アオシマのVIPカーシリーズはバンパーなどのドレスアップパーツが上手く付かないことが多いです。最初からVIPカー向けに設計されたものではなく、ノーマル仕様のキットにドレスアップパーツを付け加えてVIPカーのキットとして販売するものばかりなのが原因だと思います。だけどVIPカーシリーズがあまりなかった十年ぐらい前は、ノーマル仕様キットのサスペンション辺りを自分でいじって車高を下げ、ドレスアップアーツも自分でパテを使って形作ることが多かったと思うのでその時に比べれば楽な気がします。

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様

キットのままだと前後共にホイールがボディの外にはみ出します。「ボディの内面がタイヤと干渉するためボディの裏面を紙やすりで削って解決する」ようなレベルを超えています。これは「ホイールとタイヤは用意してあげたので後は適当に自分たちで加工して取り付けてください」というレベルです。

とりあえず前はあまり加工せずに何とかなりました。問題は後ろですがホイールとタイヤの幅を4分の3ぐらいに細くします。それでもサスペンションに大きく干渉するので、干渉しないようにホイールとタイヤを削って取り付けました。外面からは加工したことが分からないようにできましたが、サスペンションとホイールが干渉するので既に後輪は回転出来ません。

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様

ホイールの中央部にデカールを貼るのですが失敗しました。メッキパーツの上に貼ると時間が経つと剥がれそうな気がするので、デカールの上にクリアーを塗ったら見事に溶けてしましました。十分に乾燥した後に水性のクリアーを塗れば防げたのかもしれませんが、間違って普通のMr.カラーのクリアーで塗ってしましました。

PR

アオシマ JZS161アリスト ファブレス仕様VIPカーを製作

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様
アオシマ 1/24 スーパーVIPCAR No.073
製作年 2010年位から2013年

アオシマのスーパーVIPCARシリーズです。昔のVIPカーシリーズは箱に迫力ある箱絵が描かれていましたが、このシリーズはすべて実車の写真が載っています。ファブレスで検索するとファブレスはドレスアップパーツの通販サイトみたいです。アオシマのラインナップを見ているとスーパーVIPCARシリーズはファブレスとジャンクションプロデュース仕様がほとんどです。キットは中古模型店でジャンク商品として売っていたので購入しました。

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様

キットのボディは同じアオシマのレクサスGS400と同じです。実車は海外ではレクサスとして販売され国内ではアリストとして販売されたらしいです。キットはジャンクということもあってウィンドウパーツのフロントに大きな傷があったのでクリアを吹いたのちに研ぎ出しをしました。そういうことがあってウィンドウパーツに接着するバックミラーを省略してしまいました。アオシマのRX-7もそうなのですが、フロントウィンドウにバックミラーを接着するタイプは接着面が目立つのでごまかすのが難しいですし、万が一接着に失敗すると位置的に結構目立ってしまいそうです。

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様

内装に時間をかけたくなかったので内装はアオシマのレクサスGS400と同じ塗装にしました。ボディの研ぎ出しは上手くできたので、ボディがつるつるお肌のように綺麗になり満足です。VIPカーシリーズはバンパーなどのドレスアップパーツがうまく付かないことが多く、今回はフロントとサイドは加工無しにうまく装着できた一方でリアバンパーは大きく反っていました。放置したこともあって製作期間が長くなったので一旦はこれで完成としますが、余裕があれば省略したリアバンパーとウィングも装着してみたいものです。

トヨタ JZS161 アリスト ファブレス仕様

ホイールの中央部にデカールを貼るのですが失敗しました。メッキパーツの上に貼ると時間が経つと剥がれそうな気がするので、デカールの上にクリアーを塗ったら見事に溶けてしましました。十分に乾燥した後に水性のクリアーを塗れば防げたのかもしれませんが、間違って普通のMr.カラーのクリアーで塗ってしましました。

アオシマ セルシオ VIPカー仕様カスタムを表現

セルシオ タイプC
アオシマ 1/24 VIPカーシリーズ No.1
製作年 2009年位

模型を撮影しているときになんか前より暗いなと感じていたので、新しい蛍光灯に代えると少し明るくなりました。蛍光灯が寿命に近かったようです。

セルシオ タイプC

VIPカーのサイドに貼るストライプのデカールですが、説明書には不親切なことに自由に貼ってくださいとしか書いてなかったと思います。ということでVIPカーのカスタムに詳しくない自分は、適当に貼って失敗したあとに貼り直してとりあえず形だけ整えました。また、キットにはシルバーとゴールドのトヨタのエンブレムのデカールが付属しています。フロントのエンブレムのデカールを貼るのに一回失敗したので、フロントはゴールドのエンブレム、リアはシルバーのエンブレムです。

セルシオ タイプC

この車の後輪がハの字になっているのはホイールのつけ方が悪いのではなく、そういうカスタムの方法によるものです。トー角を調整するとコーナリングの性能がどうのこうのと言われますが、VIPカーの場合は見た目重視によるものかなと思います。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング