忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SONY 録音再生MDウォークマン MZ-R91

1999年に録音再生MDウォークマンMZ-R91が発売された。同時期発売の録音再生MDウォークマンMZ-R90は、上キャビネットに高剛性マグネシウムを採用した上位機種になる。

外観デザインやキャビネットの材質以外にはR90とR91に大きな違いが無いような気がする。どうもこのマグネシウムの加工技術が、当時は新しい技術であったらしい。

【アマゾン】 ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91

録音は試していないが、20年近く経過した今でも再生は問題ないと思う。MDLPには対応していない。


ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91
●発売日
1999年頃
●付属コントローラー
RM-MZ2S

外から見る限り本体は黄ばんだりしていないので、今でも保管状態によっては新品同等の綺麗な状態です。2005年ぐらいのMDウォークマンとは違って、キャビネットが厚くて結構頑丈に感じる。

ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91
ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91

気にするようなことでもないが、内側のディスプレイ表面に埃が入り込んでいる。あと、付属コントローラはスケルトンのRM-MZ2Sだが、経年劣化してかなり黄ばんでしまっているのが多い。

ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91
ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91

ライン入力と光デジタル入力に対応しているが、自分の環境では録音に使うことが無い。重厚感あるMDウォークマンなので、コレクションとしては良い気がした。
PR

SONY カセットウォークマン WM-FX2

ウォークマン誕生15周年記念の1994年には、再生専用機WM-EX1とチューナー機能を内蔵したWM-FX1が販売された。その1年後にはWM-EX1の後継機種WM-EX2と、WM-FX1の後継機種WM-FX2が発売された。

【アマゾン】 ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

これらの姉妹機は、外観的デザインも内部の構造も似ている。どれも20年以上前に発売されたが未来的で高級感あふれる外観であり、表面の塗装レベルも良質な感じだ。

ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

末期のMDウォークマンで大量発生した黄ばみや変色は発生していない。ただ、両脇のグレーの部品は表面がゴムで覆われているが、劣化してボロボロになっています。そのためアルコールを含んだウェットティッシュで落として綺麗にした。


ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
●発売日
1995年頃
●付属コントローラー
RM-WM79F

付属コントローラーRM-WM79Fは手に入らなかった。裏面にディスプレイがあるので本体で操作できるが、イコライザーなどの一部機能は操作できないかもしれない。

ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

外付け乾電池ケースはMDウォークマンで使用されているタイプと同じです。ゴムベルトを交換すると問題なく再生できる。千石で手に入れたゴムベルト(厚さ0.95mm)だと太すぎるので、もう少し細いゴムベルトが必要だ。

音質はカセットウォークマンの中でかなり良いほうだと思う。だけど比較的ゴムベルトの精度が必要な気がするので、再生可能な状態にするのは難しかった。

ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2
ソニー チューナー機能付き再生専用カセットウォークマン WM-FX2

カセットテープの差し込み方はWM-EX1と同じで個性的です。15周年記念モデルWM-EX1の姉妹機だけあって、高音質で高級感あふれるお気に入りのカセットウォークマンだ。

富士通 オーディオプレーヤー CuPlay FMP322MU

2000年頃にはデジタルオーディオプレーヤーが発売されていた。ソニーからもネットワークウォークマンとして発売されていたが、当時はMDよりも容量が少ない割に値段が高いので興味を持たなかった。しかし、今思えばMDの存在価値を無くす可能性を持った存在だった。

ソニーの他にも、富士通からキュプレ(CuPlay)というデジタルオーディオプレーヤーが販売されていた。たまたま使用感の無いFMP322MUを手に入れた。

【アマゾン】 富士通 デジタルオーディオプレーヤー キュプレ(CuPlay) FMP322MU


富士通 デジタルオーディオプレーヤー キュプレ(CuPlay) FMP322MU
●発売日
2000年頃
●付属コントローラー
FRM-28
●注意
マルチメディアカードと付属専用ソフト「MP3 Explorer」が必要

外観的にかなりMDウォークマンの影響を受けている。外付け乾電池ケースが付属し、ガム式充電池を本体に差し込むこともできる。マルチメディアカードを差すスロットが二つ内蔵されている。

富士通 デジタルオーディオプレーヤー キュプレ(CuPlay) FMP322MU
富士通 デジタルオーディオプレーヤー キュプレ(CuPlay) FMP322MU

一方で材質はプレスチックなので安っぽい質感です。そのため個人的には音楽を楽しむのには向かないデザインだ。しかしMDウォークマンみたいな複雑な機構を持たなくても、パソコンに接続して同等の音楽を聴くことができる。

富士通 デジタルオーディオプレーヤー キュプレ(CuPlay) FMP322MU
富士通 デジタルオーディオプレーヤー キュプレ(CuPlay) FMP322MU

付属リモコンもMDウォークマンの影響を受けている。バックライトが点灯するのは嬉しいが、全角文字の表示には非対応です。

本体と電源だけ手元にあっても音楽は再生できず、マルチメディアカードが必要になる。既に販売されていないみたいなので手に入れるのは諦めていたが、たまたま韓国の電機メーカーLG社の32MBマルチメディアカード2枚を手に入れた。

しかし音楽を転送するには付属ソフト「MP3 Explorer」が必要であり、これで著作権保護を行ったMP3ファイルしか再生できないらしい。

韓国LG社製32MBマルチメディアカード
韓国LG社製32MBマルチメディアカード

再び音楽再生を諦めていたが、運よくマルチメディアカードに「MP3 Explorer」で転送したと思われるMP3ファイルが入っていました。曲によっては原因不明の音飛びが発生していたが、音質は意外と良い気がしたが。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング