忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソニー CDウォークマン D-E700

ディスクマンとCDウォークマンの種類はかなり多い。CDという記憶メディアが優秀で何もスペック変わっていないので、ATRAC対応CDウォークマンが発売されるまでは外観デザイン以外の性能はあまり違いが無い気がする。

ソニー CDウォークマン D-E700
ソニー CDウォークマン D-E700

20年前の1998年に発売されたCDウォークマンD-E700です。ガム式充電池ではなく、単三乾電池2本で動作する。手に入れた個体は、本体のスイッチが故障しているためか、正常に再生できない。

【アマゾン】 ソニー CDウォークマン D-E700


ソニー CDウォークマン D-E700
●発売日
1998年頃
●付属コントローラ
RM-DM28EL

本体に漢字表示非対応のディスプレイがあり、上位機種D-E800はバックライトも点灯するらしい。

付属コントローラRM-DM28EL
付属コントローラRM-DM28EL

付属コントローラRM-DM28ELはバックライトが点灯します。
PR

ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900

ATRAC音楽ファイルを記録したCDを再生可能なのが、ソニーのD-NEシリーズだった。音質を考えるとATRAC形式に変換して再生する必要性は無いのだが、D-NEシリーズはCDウォークマンのほぼ最終シリーズなので今でも重宝する。

ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900
ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900

この中でも、D-NE900は本体に漢字表示可能なディスプレイを採用している。上面キャビネットは金属製だが、曲線が綺麗に出ていて美しいです。


ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900
●発売日
2003年頃
●付属コントローラ・付属乾電池ケース・付属クレードル
RM-MC33EL・EBP-16・BCA-WM90
●多い故障
付属電源アダプタのケーブル劣化、コントローラのケーブル劣化、ディスプレイが表示されない。

この頃のソニーのウォークマンに多発しているが、電源アダプタのケーブル被膜が劣化してボロボロになっています。さらに付属のRM-MC33ELも、ケーブル被膜が加水分解してべとべとになっていた。

ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900
ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900

中古品を見ているとディスプレイが故障しているのが多いらしく、正常に表示されないものが出ているようだ。漢字表示対応ディスプレイなので使い易いが、付属コントローラRM-MC33ELは漢字表示非対応です。

ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900
ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900

SonicStageが付属しているので、これで音楽ファイル管理とATRAC形式のCD作成が可能だ。

ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900
ソニー ATRAC再生対応CDウォークマン D-NE900

カラーはシルバーとブルー、ブラックの三種類ですが、ブルーとブラックは傷が目立ちやすい。

付属乾電池ケースEBP-16と付属クレードルBCA-WM90

他のCDウォークマンとは互換性が無いものの。外付け乾電池ケースは本体に固定できるので使い易い。本体に漢字表示対応ディスプレイがあって外観は高級感あるデザインなので、発売から15年経った今でも十分に活躍できる。

SONY 録音再生MDウォークマン MZ-R90

1999年に再生専用MDウォークマンMZ-E90や再生録音MDウォークマンMZ-R91とともに、再生録音MDウォークマンMZ-R90が発売された。MZ-R90がMZ-R91の上位機種になるものの、中身の構造は見た限りは同じだった。

【アマゾン】 ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R90

MZ-R91と同じく、録音は試していないが再生は問題なかった。MDLPには対応していない。


ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R91
●発売日
1999年頃
●付属コントローラ
RM-MZ2S

MZ-R91付属コントローラのRM-MZ2Sはスケルトンで黄ばみが発生していたが、MZ-R90に付属していたものはシルバーに塗装されている。

ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R90
ソニー 録音再生MDウォークマン MZ-R90

MZ-R91との大きな違いは上面のキャビネットぐらいです。MZ-R90では高剛性マグネシウムの筐体を採用しており、当時の新製法でマグネシウム合金を加工した。

適当に調べた内容だが、プレスフォージング製法という新製法でマグネシウム筐体を製造したらしい。溶かした金属を金型に流し込むダイキャスト製法とは違い、金型で金属を挟み込むプレス製法のようだ。

音楽再生とはあまり関係ない場所にこだわっているが、高級感あふれるほうが音楽を聴いていて楽しく感じるのも事実だ。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング