忍者ブログ

自動車や鉄道関連のプラモ製作とゲーム攻略や、ウォークマンなどのポーターブルオーディオ分解修理記録。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SHARP ポータブルMDプレーヤー MD-ST500

約15年前に発売されたシャープのポータブルMDプレーヤーMD-ST500を手に入れた。充電池の液漏れが酷くて使えないような状態だったが、分解清掃で問題なく使用できるようになった。

シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-ST500
シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-ST500

シャープのMDプレーヤーの割にはデザインが良くて造りもしっかりしている。アウヴィシリーズの一つかなと思っていたが、MD-Jシリーズだった。

【アマゾン】 シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-ST500

最近のオーディオ機器にはほとんど見られないスケルトンのデザインが格好良いです。


シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-ST500
●発売日
2004年前後
●販売価格
18,000円前後
●特徴
+/-電源オーディオ回路など
●多い故障
ニッケル水素電池の液漏れ、リモコンの黄ばみ

評判の良い「1-bitデジタルアンプ」は非搭載であり、代わりにミニコンポで使用されていた「+/-電源オーディオ回路」が搭載されている。どうやらアウヴィシリーズのローエンド機の位置づけみたいだ。

シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-ST500
シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-ST500

手に入れた個体は使用感があり、リモコンも黄ばみが少し出ている。アウヴィMD-DS33と同じく、リモコンとイヤホンのステレオ端子は四極です。

四極端子の特性のためなのか知らないが、音質は自然でデジタルを感じない温かみのある音と感じる。イコライザーは三段階の低音強調だけなので、そのあたりはMD-DS33よりも圧倒的に省略されている。

イコライザ無しで普通に聴く分には全く音質的に不満は感じない。外付け乾電池ケース対応なので、15年近くたった今でも普通に音楽を楽しむことができる。
PR

SHARP ポータブルMDプレーヤー MD-DS33

過去のネット上(10年以上の大昔)を読んでいると、シャープのポータブルMDプレーヤーの評判が高いことに気付いた。

でも今まで中古市場で見てきたシャープのMD-Jシリーズは、ソニーのMDウォークマンよりも安っぽさが半端なかった。だけどMD末期に販売されていたアウヴィ(Auvi)シリーズは外観的に良かった。

シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33
シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33

そういうことで手に入れて使ってみようということで、MD-DS33を手に入れた。

【アマゾン】 シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33

MD-Jシリーズみたいな野暮ったさは無く、高級感あふれてスリムな外観です。


シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33
●発売日
2004年前後
●販売価格
18,000円前後
●特徴
DSPサラウンド、DSPイコライザー、1-bitデジタルアンプなど
●多い故障
ニッケル水素電池の液漏れ、リモコンの黄ばみ

サラウンドやイコライザーが豊富なので、自分好みに設定できるのだ特徴だ。

シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33
シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33

付属しているリモコンも洗練された感じだが、経年劣化のためか黄ばみが出ている個体が多いのが残念だ。ちなみに漢字表示には非対応です。サラウンドやイコライザの設定は本体ではできないので、性能を発揮したいならリモコン必須だ。

シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33
シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33

リモコンのステレオ端子が四極だが、付属のイヤホンも四極ステレオ端子です。ネット上の情報によると先端から「R+」「L+」「R-」「L-」みたいだ。そのため「R+」「L+」「R-_L-」の普通の三極ステレオ端子と互換があるらしい。

シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33
シャープ ポータブルMDプレーヤー MD-DS33

問題のニッケル水素電池はAD-N55BTです。本体に差し込んだまま放置すると液漏れが発生する。ただ、リチウムイオン電池とは違って寿命は長いらしく、今でも普通に充電して使用できる。

四極ステレオ端子のためか、左右独立した音でとても自然な感じに聴くことができて確かに音質が良い。同時期に販売されていたソニーのNetMDウォークマンMZ-N920と比べても互角か、人の好みによってはそれ以上という感じだった。

フラットの設定で比較するとMD-DS33のほうが臨場感があって良い感じがした。イコライザやサラウンドが豊富だが、フラットのままでもMDの圧縮音源を感じずに音楽を楽しむことができた。

SONY NetMD対応MDカセットデッキMDS-SE9

2003年に発売されたソニーのSACD対応5.1システムCMT-SE9が、未だに自分の部屋で稼働している。置き場所の関係で2.1chで組んでいるが、SACDやCDだけでなくMDとカセットも高音質で再生できるので重宝している。

ソニー SACD・NetMD対応システム CMT-SE3
ソニー SACD・NetMD対応システム CMT-SE3

同じくSACD対応の2chシステムCMT-SE3もある。ディスプレイの表示が薄くなってきているが、今のところは問題なく再生できた。CMT-SE3は、単品販売のMDカセットデッキMDS-SE9を接続して拡張できる。


SONY NetMD対応MDカセットデッキMDS-SE9
●発売日
2003年前後
●販売価格
30,000円前後
●特徴
CMT-SE9のシステムに付属、またはCMT-SE3のシステム拡張向けデッキ、NetMD対応
●多い故障
MDがイジェクトできない

MDS-SE9はCMT-SE9に付属しているMDカセットデッキデッキと同一だ。このMDS-SE9はNetMD対応なので、SonicStageをインストールしたパソコンと接続できる。

ソニーCMT-SE3とMDS-SE9
ソニーCMT-SE3とMDS-SE9

デッキを重ねて配置する場合、説明書によるとDVDデッキ(アンプ部)が上でMDカセットデッキMDS-SE9が下です。CMT-SE3のアンプ部とは違って、MDS-SE9はディスプレイが綺麗に表示されている。

しかし2年ぐらい前にMDのイジェクトができなくなった。そのため無理にMDを差し込むと取り出しできなくなる。原因はイジェクト機構のゴムベルトが伸びたためです。

それ以外には不具合は発生しておらず、MDとカセット共に問題なく再生できた。発売から15年ぐらいたっているが、未だに古臭さを感じない高級感あふれる外観だ。

ブログ紹介

プラモデル製作記録と鉄道模型関連や缶コーヒーのおまけに付いてくるミニカーの写真。
・1/24 カーモデル
・1/700 ウォーターラインシリーズ
・1/72 ウォーターバードコレクション

さらにポータブルオーディオプレーヤーの分解修理記録を綴るブログ。

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

PR

カウンター


お気に入りリンク集

①姉妹サイト(旧ブログ)
カーモデルとキャラグッズ
②お気に入りの個人模型製作サイト
模型電動士
 カーモデルの製作記が充実したサイト
③忍者ブログ
忍者ブログ
④参加ブログランキング

自動車ランキング

オーディオランキング